海外人事・福利厚生担当者様必見!

低コストで海外駐在員の満足度UP! 「日本の生活物資送付」を福利厚生としてご提案します

海外駐在員向け物資送付サービス

世界中どこへでも日本の商品を配送いたします!

導入後のサポートも充実!

世界中どの国にも送れますか?

世界150か国、年間50万件の発送実績があります。まずは当社にご相談ください。

お問い合わせ・資料請求

「物資送付サービスとは?
ABOUT

日販アイ・ピー・エスは、海外進出企業・機関・団体向け「海外駐在員への物資送付サービス」を提供しています。海外駐在員への生活物資送付の制度化をお手伝いし、アウトソーシングを実現いたします。

当社では、「本・雑誌・CD・DVD・日本食品・生活雑貨・医薬品」などの生活関連商品の販売・発送サービスを行っており、受発注から海外発送、精算、制度管理まで全ての業務を担います。

人事・総務担当者様は、細かなルーティン業務から解放され、本来のコア業務に集中できます。また、海外向け物資送付ビジネス40年の経験と年間50万件の発送実績から、福利厚生制度化へのお手伝いもいたします。

「物資送付サービス」とは? の図版

「物資送付サービスの4つの特長
4 FEATURE

特長.01業界内圧倒的シェアの取り引き実績
制度策定から導入後まで安心サポート

サービス経験 40年 取引実績 500社

初めて送付制度を導入される企業様には、500社以上とのお取り引きで培った制度例をもとに、貴社のご意向に則した制度策定をお手伝いいたします。海外駐在員向け物資送付サービス40年以上の経験と、年間50万件の発送実績で、海外送付に関してのノウハウも豊富です。

また、消費財の購買力補償方式でお悩みの担当者様にも最適です。
長期出張や緊急時のスポット物資送付のご相談をいただく等、担当者様や海外駐在員からのお問合せにも細やかに対応いたします。

万全のフォロー体制で数多くの企業・海外駐在員様からの信頼を頂戴しています。

特長.02商品調達から制度運用を一本化
制度管理システムで自動管理

海外生活で必要な物資の送付費用を会社負担とし、買い出し手当よりも安価な制度を実現できます。

海外駐在員が専用Webサイトからネットショッピング感覚で商品を購入、「商品調達~海外輸送用の梱包~海外発送~ご請求」から、面倒な制度管理まで全てをアウトソーシング。利用者の登録情報に基づき、精度の高い3種のシステム管理<「重量管理」・「予算管理」・「冊数管理」>が可能で、ご担当者様は受注・発注業務や精算・管理から解放されます。

精度の高い3つの管理システム

  • 重量管理
  • 予算管理
  • 冊数管理

費用はどれくらいかかりますか?

商品代と輸送料、梱包手数料など発生ベースでのご請求となります。手数料類は同業他社より低コスト。お見積いたします。

お問い合わせ・資料請求

特長.03業界随一の豊富な品揃えで
海外駐在員も満足

雑誌・書籍・CD・DVDは国内流通商品ほとんど全て。日本の食品・生活雑貨・医薬品・お酒・コスメは約7,000アイテム。他に、進研ゼミやユーキャン通信講座の海外受講も可能です。

当社で揃える商品は、実際に現地で暮らす海外駐在員にも最適!海外手当をもらっても現地では購入できない日本の生活必需品が、必要な時に、各社の制度に応じて手に入れることができます。

安全安心な日本製のベビー用品から、日本人の身体に合った薬、ご当地グルメで懐かしいふるさとの味、おせち料理セットなどの季節限定商品まで揃い、海外駐在員からも満足いただいております。

取り扱い商品例

業界随一の豊富な品揃えで海外駐在員も満足の図版

※2017年7月現在

特長.04契約企業様には情報セキュリティ万全な
専用購入サイトをご用意!

契約企業様の制度内容に沿ってカスタマイズした専用のショッピングサイトをご用意いたします。

当社並びに物流センターに至るまで徹底した情報管理体制を構築。安全と信頼のプライバシーマークを取得しており、個人情報保護対策も万全です。

契約企業様には情報セキュリティ万全な専用購入サイトをご用意! の図版

医薬品を送ることはできますか?

個人宛て小包として発送しています。ドラッグストアで販売している風邪薬など、一般的な医薬品はほとんど入手できます。

お問い合わせ・資料請求

ケーススタディ
CASE STUDY

日販アイ・ピー・エスは、大手金融機関から通信業、製造業まで様々な業界の海外進出企業500社との取引実績を誇ります。業界内圧倒的シェアの取引実績から、いくつかの事例をご紹介いたします。

よくあるご質問
FAQ

Q1世界中どの国でも発送できますか?
A1世界150か国、年間50万件の発送実績があります。まずは当社にご相談ください。
Q2インドにお米を送りたいのですが……
A2お送りします。発展目覚しいインドでもまだまだ日本食の入手は大変厳しい状況で、多くの企業様からもご依頼をいただき、お米をはじめ多くの食品をお送りしております。他の国々でも「こんなもの、送れる?」等ご相談を承ります。
Q3自分達で海外に物資を送るのが大変。商品調達や発送等煩雑な作業が多くて大変。
A3専用ショッピングサイトでは本の常備在庫は260万冊、食品・雑貨・医薬品等7,000点の品揃えをご用意。欲しい商品は当社サイトからご注文いただけます。また、受注~商品手配~海外発送向けの頑丈な梱包~各国の通関事情に配慮した海外発送~ご請求まで一貫して当社が行います。しかも面倒な制度管理まで担います。ご担当者様は本来のコア業務に集中できます。
Q4海外駐在員の健康が心配。お薬などを送ることができれば良いのですが……
A4ドラッグストアで市販している医薬品をお送りします。日本人の身体に合った医薬品を必要な時に送ることで、海外駐在員の健康の自己管理へのサポートにつながります。健康保険組合の常備薬斡旋の代替手段にも最適。しかも頭痛薬などの医薬品は軽量な為、送料も比較的安価です。また、本やメディア、食べなれた日本食品などは息抜きにもなり、メンタルヘルスケアにも有効です。
Q5帯同家族や子女に対して、満足度を上げることはできますか?
A5安全安心な日本製のベビー用品や衛生用品など、帯同家族向けの商品も充実しています。また、お子様の教育に必要な学習参考書や絵本、通信教育教材も扱っています。
Q6海外駐在員の不満を減らしたい。不公平感を解消したい。
A6派遣国によって生活指数や物価指数にばらつきがある為、生活必需品の購入にかかる送料を会社が負担することで、生活水準の公平感を保つことができ、海外駐在員の欲しい商品を買うことができるので満足度が上がります。受注~発送までシステム化されているので事故率の低さやリードタイムの短さにも自信があります。また、郵便事故等のフォロー体制も万全です。
Q7海外駐在員の人数が多くて送付制度の管理が大変です。
A7利用者様にご登録いただいた内容に基づき、従業員情報・商品明細・輸送費等について精度の高いシステム管理を実現。国別の制度上限枠の設定や、ご注文回数もシステム管理いたします。全てがデータ化されておりますので、制度改訂の為の利用状況把握など、ご要望に応じたデータの提供もいたします。集積されたデータの個人情報保護対策もプライバシーマーク取得で万全です。
Q8国内限定の福利厚生施設やカフェテリアポイントが使えない。
A8国内施設利用の費用やカフェテリアポイント充当分を、海外送付制度の商品代や送料に換算し「予算管理」に設定。お好きなものを購入できることで、国内従業員との不公平感を解消します。また、年末に「おせち料理」や図書を贈ったりなど、ハードな環境で働く海外駐在員を労うケースもあります。
Q9物資送付制度を導入したいが、どうしたらいいかわからない
A9初めて送付制度を導入される企業様には、500社以上とのお取り引きで培った制度例をもとに、貴社のご意向に則した制度策定からお手伝いいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

海外勤務中で生活物資の入手にお困りの方
物資送付制度を未導入のご担当者様

豊富な取り扱い事例から貴社にあった送付制度をご提案させていただきます。

お問い合わせ・資料請求